スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備蓄肉が従来価格で販売される 

Unuudur新聞電子版より(2012.04.10)

昨日、モンゴル食肉協会の会議で、4月に販売する備蓄肉を今日から販売する事を決定した。
首都の9つの区の300店以上の販売所で、1000トンの食肉を従来価格で販売する。

先月の備蓄肉の販売が少なかったのは、旧正月(ツァガンサル)時に食肉の需要量が増加しているので、2月分に上乗せしたのだと担当者が述べた。

ウランバートルの食料需要向けに、今年12000トンの食肉を備蓄したうち現在5000トンをすでに販売したとのこと。
残りの7000トンの食肉は6月までに、牛肉1キロが3700トゥグルク、羊肉が3200トゥグルク、山羊肉が2600トゥグルグで販売されるとウランバートル市の職員らも約束している。

天井知らずの食肉価格の引き上げを制限し、国民の負担を少しでも軽くする目的で、備蓄肉を以前の価格で販売するため、市役所から400億トゥグルグの融資をしたとのこと。

原文はこちら


訳者:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/468-ada4fca9

まとめteみた.【備蓄肉が従来価格で販売される】

Unuudur新聞電子版より(2012.04.10)昨日、モンゴル食肉協会の会議で、4月に販売する備蓄肉を今日から販する事を決定した。首都の9つの区の300店以上の販売所で、1000トンの食肉を従来価格で販売する。先月の備蓄肉の販売が少なかったのは、旧正月(ツァガンサル)時に食肉の...

  • [2012/04/11 06:51]
  • URL |
  • まとめwoネタ速suru |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。