スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルがGDP成長率で世界7位に 

Sonin.mnより(2012.04.13)

国際通貨基金(IMF)が世界各国の国内総生産(GDP)の成長率に関する調査を行った。
調査ではアジア、アフリカ諸国の経済が飛躍的に発展していることが明らかになった。

アジア、アフリカ諸国のGDPは今年5.4%成長したとのことで、来年は5.9%も増加する見込みである。
一方、西ヨーロッパの先進諸国のGDP成長率は、今年わずか1.2%だった。
来年同地域の各国のGDPは0.7%増加し、1.9%に達するとの試算が出た。

IMFの専門家等の計算によると、2050年にアジア諸国のGDP成長率は49%に達するとの見込みである。

今年GDPが最も増加した国はナイジェリアである。
同国のGDPは8.5%増加した。一方、モンゴルは6.9%の成長率で7位になった。
上位10カ国の10位にエジプトが6.4%の成長率でランクインした。

一方、今年のGDPの成長率が最も少ない10カ国の1位は日本で1%の成長率だった。
それに次いで、ドイツ、イタリアが並び、スペインが2%の成長率でワースト10位となった。

E.トゥグス記者
出展: Unen.mn

原文はこちら



訳者より
見事な成長率ですが、実際これが一般の国民の生活に影響を及ぼすことが見られないので非常に残念です。
モンゴルでは貧富の差が著しく、一部の金持ちの人々がますます金持ちになる一方で、国民は貧しいままなのが現実です。

En.ソロンゴ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

GDPが約6%増でもインフレが年初から(BOM情報)17%も上がったのでは国民の暮らしが良くなるわけがないですね。

Re: タイトルなし

wanpaku様

コメントありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
ちなみに、モンゴル政府からインフレ率を
1桁台に抑制することを目標としていますが、
未だに効果が出なくて残念ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/469-9eea565c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。