スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツの融資で第4発電所を改修 

gogo.mnより(2012.05.04)

モンゴル政府とドイツ政府との間での金融協力の交渉するに関する法案」を国会に提出している。

2国間の金融および技術協力は1992年に開始されている。
ドイツ政府からモンゴルへ2億6500万ユーロの軽減融資、無償援助を提供している。

今回の金融協力の枠内で、2つのプロジェクトに軽減融資を提供する事が盛り込まれた。
これには新たに850万ユーロまでの軽減融資を第4発電所に対し行ない、「エネルギー効率2」プロジェクトに提供する、2006年に約束した450万ユーロの融資の目的を変更し、ウランバートル市の食料供給を改善するためではなく、地方交通のインフラを改善するプロジェクトに追加提供することを盛り込んだ。

この融資は年利0.75%、返済期間は40年間であり、返済開始猶予期間は10年間である。

Sh.エルデネ記者
出展:モンツァメ

原文はこちら:



オージー訳

元記事に対するモンゴル人読者のコメントを紹介します。

・古いものを改修するには、新しく立てるよりも余計に費用がかかるのだから、ドイツ人に新しい発電所をさっさと造ってもらえ。
 -新しい発電所を造るのに850万ユーロで足りると思っているのか?一番小さい1メガワットの発電所でも100万ドル、第4発電所クラスを建てるには5億8千万ドル必要なんだよ。

・また借金か。

・ついこの前、日本が第4発電所を改修してくれたばかりではないか。これは利権がらみだろう。
 汚職防止庁は調査しろ!

・借金で改修するよりも、投資を呼び込んで第5発電所を建設しろ

モンゴルの借金はクモの巣のように、後の世代に重くのしかかるだろう。国民にばら撒いていた月21,000トゥグルクを国に投資するかどうか、世論調査を行い、事業を公開するべきではなかったのか?そうすればインフレも上昇せず、後の世に社会資本を残すことができたのではなかったか?

・選挙に当選するために国民にお金をばら撒いているが、後には借金の山が作られているな。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!



関連記事

コメント

モンゴルの人たちのコメントが面白いです。インフレがひどいために、昔これくらいで出来ていたというプラントが2倍、3倍になっているのは当たり前なのです。それにしても国の成長に必要なインフラが立ち後れてどんどん国民の生活が悪くなっていますね。

Re: タイトルなし

wanpakuさん

コメントありがとうございます。

今後も機会があれば、元記事へのモンゴル人読者のコメントは
紹介していきたいと思っています。

モンゴルの今のニュースだけでなく、
それに対するモンゴル国民の生の声を
日本の皆さんにお伝えできればと思います。

*ニュースの内容によっては、
元記事のコメント欄が「荒れる」ことがあり、
全てをお伝えできるわけではありませんので
ご了承ください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/486-1df57e21

まとめtyaiました【ドイツの融資で第4発電所を改修】

gogo.mnより(2012.05.04)「モンゴル政府とドイツ政府との間での金融協力の交渉するに関する法案」を国会に提出している。2国間の金融および技術協力は1992年に開始されている。ドイツ政府からモンゴルへ2億6500万ユーロの軽減融資、無償援助を提供している。今回の金融協?...

  • [2012/05/12 03:47]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。