スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規格外大型車両の通行を禁止 

Unuudur電子版より(2012.05.17)

大型車両通行禁止の決定が出されたことにより、この種類の自動車で生計を立てている人々を困らせている。
この件について交通警察庁のジャルガルサイハン副長官にインタビューした。

大型車両の通行を禁止されました。以前はB,Cという通行許可を与えていましたが、なぜ急に通行を禁止したのですか?
モンゴルは世界の他の国と同じく、通行する車両を大きさ、重量によって制限しする基準を制定した。近年その基準に外れた鉱山用大型車両が大量に輸入された。建築資材を運搬する目的で、大型車両が通行している。

-基準には何トン以上の大型車両は通行を禁止されているのですか?
モンゴルが他の国よりも特別厳しく基準を決めたわけではない。基準を超えた鉱山用車両は、鉱山の中だけで使われるべきだ。鉱山の外で資材の運搬に使うべきではない。このことを我々は禁止しているのだ。なぜなら、モンゴルは近年道路建設、道路改修に非常に大きな予算を投資している。鉱物資源の収入を建築と道路の2つに主につぎ込んでいるのだ。それなのに、ある会社、または個人が決められた基準を超えた大型鉱山用車両で通行している。このせいで道路が多く壊れるようになった。

-あちこちに壊れた道路があります。新設された道路が一年も経たないうちに修復を必要とするのは大型車両が原因ですか?
-そうだと言っても良い。もし、大型車両が市内および都市間で走行していれば、政府が道路を建設、修理する意味がない。
修理したそばから壊されて、無駄な出費ばかりになる。
道路が破損したら、道路工事会社の責任になる。しかし道路工事会社が専門家を連れて行き、確認すると、全てが標準通り施設されている。
調べていくと最後に大型車両を通行させた交通警察が悪い事になる。だから、道路を破損させない様にそれに合った規制を出した。

-規格外の大型車両に対して運輸局から許可を与えていることについて、交通警察庁から運輸局長に通達を出していました。規格外の大型車両にはナンバーを与えなければ済む問題ではありませんか?
-規格外の大型車両に通常のナンバーを与えることは間違っている。運輸局は自分たちが規準を破ってナンバーを与えているのだから、大型車両が通行しないはずが無い。そのため、交通警察庁から「行政機関が協力し法律を遵守するべきだ。通常のナンバーを与えるな。重機用ナンバーを与え、工場・鉱山の中だけで使わせろ」という通達を出した。年明けから交通警察庁に1万台以上のナンバーの申請が出されている。このうち8500台近くの許可を出した。しかし、残りは基準を満たしていない。その1500台は鉱山の中でだけ通行すべきだ。

交通警察庁から出された通告により、運輸局はどのような対策を採りましたか?
-対策を準備しているといっている。2,3度我々は運輸局を訪れ会談した。ナンバーの交付を停止したと言った。それなのに、その後フブスグル県へ20台ほどの大型車両がナンバーを取って連なって走行していたのを交通警察の者が報告した。通行許可の問題はナンバーの交付にかかっている。

-建物を建築する際に、大型車両を通行させないのは間違いだ。市長は建築の足を引っ張る決定を出したという人々がいますが?
-世界のどの国でも、建築は行われているし、基準を満たした車両で輸送し、通行している。

-しかし、大型車両は今も走り続けていますよ。
-交通警察庁は人数が足りていない。ウランバートルの外れを通行している車両をすべて監視することはできないことは事実だ。夜間に規格外の車両が通行しているとの報告も来た。

-ウランバートル市議会から夜間に大型車両の通行を許可する決定が出されたのではありませんか?
-その決定には基準内の車両を時間帯および経路を指定して許可してある。ここには緊急車両は含まれない。そのため、建設資材であっても、3.5トン以下の積載重量の車両で運搬を行うべきだ。非常に特別な場合にだけ警察の監視の下に通行することができる。住民の生活環境を損なわないことが重要だ。建設を行っていても、ウランバートルには市民が住んでいる。そのため、交通警察は規格外の車両を通行させない。

-規格外車両にすでにナンバーを与えてしまっています。これらの権利をどの役所が停止すべきですか?そこが仕事をしていないのではないですか?
-運輸建設都市計画省が停止する。市民のためにこの仕事をするべきだ。公共の利益を守る必要があるだろう。ウランバートル市は鉱山ではない。

― 大型車両が通行する特別な道路を建設する事についても話が出ていましたが?
― 国際標準の道路を建設している。一番質が良い道路を建設するドイツも規格外車両を通行させないのである。モンゴルと同じ規制をしている。

-大型車両が通行したことで、どの道路が大きく壊れましたか?道路を破損した運転手にどのような罰則を与えますか?
-ガンジー通り、第4発電所南側の道路、22トプチョーの向こう側の道路が破損している。これらの道路は規格どおりに施工した。悪いのは大型車両の持ち主だ。運輸局が罰則を検討している。交通警察庁からは法律に定められたとおりに行政罰を下す。

原文はこちら

訳者:ウルジーテグシ



ウランバートル市内を積載量3.5トン以上の車両が通行できないとなると、困りますね。
日本でも10tトラックは普通に走っていますし、モンゴルでも重機の輸送には10tぐらい必要です。
3.5t以上で道路が壊れるなら、それは道路の問題でしょう。
実際、日本の規格で作ったナルニーザム(太陽通り)はまったく問題ありません。
おそらく20tぐらいは耐えられるように作ってあると思います。

ただし、鉱山用の車両は、荷物が空の状態で市内を通行するならともかく、荷物を満載して走ったのでは道路も壊れるでしょう。
つまり、規定のアスファルト強度を満たしていない道路も問題だし、ルールを守らない大型車両も問題だということですね。

読者のコメントにも、
「賄賂をもらうための口実だ」
「嘘をつくな。ドイツではベルリン周辺で大型車両が走っているではないか」
「道路会社から賄賂を受け取って低品質の道路を許可し、道路の品質保証期間前に道路が壊れて問題になることを恐れて、大型車両に責任をなすりつけているのだ。」
との声が寄せられています。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/494-b351f50d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。