スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルタイン・フデル社が3億ドルのIPOを計画 

News.mnより(2012.05.24)

モンゴル鉄鉱石の主要な輸出企業の1つであるアルタイン・フデル社が今年の第4四半期に香港証券取引所に3億ドルのIPOを計画している。

同社はゴビアルタイ県のツェーン郡に事前調査の段階で7170万トンの埋蔵量があると確認されているタヤン・ノール鉱床で操業している。
しかし、埋蔵量について同社からは正式な発表は行っていない。

同社は2009年に中国のBaoshan Iron & Steel社の1支社と15年間の鉄鉱石供給契約を結んでいる。

アルタイン・フデルIPOの主幹事はMacquarieおよびMerrill Lynchの銀行・証券会社が担当する。
一部のマスコミでは、同社が年末に10億ドルの資金調達を行うと報じられている。

もしアルタイン・フデル社が年末に本当に3億ドルではなく10億ドルの資金調達に成功すれば、これは香港証券取引所での今年のIPOの中で最大のものとなる。

たとえ、アルタイン・フデル鉄鉱石が品質的にはオーストラリア、ブラジルおよびその他の国の鉄鉱石と比較してそれほど高品質でないとしても、中国は現在世界の鉄鉱石の輸入の40-50%を1国で消費している。

B.トゥグス記者

出展:Mining Journal誌

原文はこちら:



モンゴル鉄鉱石だけでなく、コークス炭も石灰石も豊富にありますから、
鉄鉱石として原料状態で輸出するのではなく、
製鉄所を作って半製品にして輸出すれば良いのにと思いますが、
問題は水が少ないことですね。


この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/501-d9896bcf

まとめtyaiました【アルタイン・フデル社が3億ドルのIPOを計画】

News.mnより(2012.05.24)モンゴルの鉄鉱石の主要な輸出企業の1つであるアルタイン・フデル社が今年の第4四半期に香港証券取引所に3億ドルのIPOを計画している。同社はゴビアルタイ県のツェーン郡に事前調査の段階で7170万トンの埋蔵量があると確認されているタヤン・ノー?...

  • [2012/06/03 05:08]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。