スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サインシャンド工業団地プロジェクトは2018年に完成 

Unuudur新聞電子版より(2012.06.27)

モンゴル国に重工業を発展させる目的で、サインシャンド工業団地を建設する政府決定が承認された。

サインシャンド工業団地プロジェクトのマスタープランを米国のBechtel社が作成し終えたと国家開発、改革委員会から報告された。
調査によりサインシャンド市に工業団地を建設することが適切と判断した。

年に200万トンのコークス、45万トンの陰極銅、450万トンの鉄球、100万トンのコンクリートの生産能力がある工業団地の建設可能である。

サインシャンド工業団地の建設に総額93億米ドルの融資が必要。まずコークス化工場、化学工場の建設から始める。

2018年半ばから工場が稼動し始める見込みであると国家開発、改革委員会のL.ゾリグ副委員長 が語った。これらの工場建設事業を自己資本で実行することを希望する会社の中から入札により選考する。

サインシャンド工業団地で年に1200万トンの原料、700万トンの加工品を運搬するため、総合運搬施設を建設する必要がある。

年に平均1180万トンの水を使用するため、最初はボルフーブル鉱山から水を供給する予定。将来的には水資源を調査し、給水を確保する予定。

工業団地を建設する段階で、1万人以上の、開業後のには2400人の雇用が作られる。

これに関連し、21000人が在住する新しい街が出来ると見ている。

そのため科学技術大学、専門学校、工場で同工業団地で就職するエンジニアの募集を行っている。

必要とされる人材を育成するために協力する希望が先進国から表明されている。

例えば、日本のJICA(国際協力機構)からモンゴル政府に対し、モンゴルで450人のエンジニアを育成する提案が出された。

同工業団地が開業すれば、工業分野のGDPに占める割合が57%になり、モンゴル国の経済成長は2013-2021年に平均15.8%になる可能性があると見ている。

Ts.ボロルマー記者

原文はこちら

ウルジーテグシ訳

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/508-9e77c9b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。