スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコ大使がエルベグドルジ大統領に離任の挨拶 

大統領官邸HPより(2012.08.16)

モンゴルのTs.エルベグドルジ大統領は、チェコ共和国のモンゴル駐在のワツラブ・イーレク大使が大使の任務を終え、帰国されることに関連し、今日会談した。

会談の冒頭、大統領は「モンゴルチェコは長年に渡る友好関係があります。
両国は同時期に民主主義、資本主義、自由社会を選び、少なからず困難に遭ったが共に乗り越えたことをうれしく思います。
大使の任期中にチェコ大統領のモンゴル公式訪問を実施され、モンゴルチェコ政府間の委員会を復活させることに尽力されたことに感謝します。今後のご活躍をお祈りいたします」と述べた。

これに対しイーレク大使は「4年間母国を代表し、モンゴルで大使として勤めることが出来て嬉しいです。
モンゴルは民主主義共同体の議長国の務めを首尾よく果たされ、民主主義を広めていることに心より感謝しています。
また、モンゴル国が死刑をなくしたことをEUは非常に高く評価しています」と語った。

最後に両国の友好関係の発展に協力したことを評価し、ワツラブ・イーレク大使にナイラムダル友好勲章を与えた。

原文はこちら

訳者:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/536-069cac22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。