スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅価格が最大40%上昇 

News.mnより(2012.08.19)

「新住宅―2012」エキスポモンゴル労働組合中央文化宮殿で行われている。
エキスポには30以上の建築会社の50超の住宅建築を紹介している。
それらの住宅価格は1㎡当たり1,200米ドル以上である。

エキスポ主催者によると、住宅価格は去年同期に比べ、立地にもよるが、最大40%上昇したとのこと。具体的に言えば、都心部に位置する住宅は40%、郊外の住宅は20%上昇した。住宅価格を下げる為に、供給を増やす必要がある。需要が多い為、価格が低下せずにさらに上昇している。一方、都心部の土地使用権を購入した企業は土地使用料として大金を支払っており、それが住宅価格に影響しているとのこと。

「新住宅―2012」エキスポは建設・都市計画省、ウランバートル市役所、建設情報・調査・広告のコーディネート・インフォセンターが共同で開催した。

G.ダリ記者

原文はこちら

訳者:E.ソロンゴ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/539-9fd4d31b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。