スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領がAmerican University of Mongoliaの開校式に出席 

president.mnより(2012.09.30)

モンゴルに在住していた米国人とモンゴル人の発案で、American University of Mongoliaが米国ワシントンに開校した。

モンゴルの急速な経済成長につれて、優秀な人材が必要とされていることにより開校することになったと発案者たちが在米国モンゴル大使館にて行われた開校式の際に語った。

国連総会に出席のため、米国を公式訪問していたエルベグドルジ大統領も参加し、成功を祈った。

American University of Mongoliaの理事長は「我々は米国の標準的教育をモンゴルに導入し、米国のトップ大学のプログラムを取り入れる。また、モンゴルの大学を追放するのではなく、公正な競争の中で優秀な人材を養成する目的で務める。」と述べた。

同校は10月から英語コースを開始する。
また、2013年より大学院、2014年より4年制の大学を開始する。
同校はまず、エンジニアビジネス経営、環境の学部で専門家等を養成する予定。

原文はこちら


訳:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/568-952f6901

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。