スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルの国土の13.2%に探査権益 がある 

assa.mnより(2012.12.03)

近年、鉱山分野がモンゴル国の経済に重要な役割を果たすようになった。
モンゴルの国土の何パーセントに鉱業活動が行われているか見てみよう。

現在、国土の総面積の0.5%に採掘権益、13.2%に探査権益があるという調査がある。
現状では、石炭54、鉄鉱石4、127、5の採掘権益があるそうだ。

バヤンゴル、トゥムルテイ、トゥムルトルゴイ、ホスト・オール、タヤン湖、バルギルトの鉄鉱石鉱床で採掘している。
これらの鉱床から昨年度は65%含有率の600万トンの鉄鉱石、粗鉄が輸出されたというデータがある。
今年度には900万トンに達する見込みである。
将来的には2015年には1,300万になる計画だそうだ。

今年の10月末時点では、採掘業者がモンゴル銀行に2.7トンのを提出した。
専門家たちはタウト、オユトルゴイ、バヤンアイラグなど大きな鉱山の開発が開始されれば、来年からはの産出が増加すると述べている。

記者:T.エルドマー
原文はこちら

訳:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/621-6759c8f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。