スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内陸国の研究センターを設立 

news.mnより(2012.12.15)

ウランバートル市での内陸発展途上国国際研究センターに寄付することについて、本日の閣議で審議され、来年度の予算に盛り込むよう外務相、財務相に指示した。

内陸発展途上国は31カ国ある。
輸送費が高いため、競争力が低い、貿易の流通量が少ない、輸出品目が少なく、インフラ整備が未発達、通信に関する問題が少なからずあるため、これらの国々の発展は遅れがちである。

内陸国国際研究センターを作り、世界で著名な研究者、経済学者たちの知識を集め、活動する提案をモンゴル国が初めて2006年に出しており、また、このセンターをウランバートル市に設立する。

同センターをウランバートル市に設立することは、モンゴルの経済、社会発展に有益で、この活動はモンゴル国初の国際政府間機関となると見ている。

記者:B.マラル

原文はこちら

訳:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/624-e080807f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。