スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャルコに1.8億ドルを払い戻す 

gogo.mnより(2013.01.25)

エルデネスタワントルゴイ社に政府が3.55億ドルを国債から融資するかもしれないと同社のYa.バトソーリ常務が報告した。

この金額のうち約1.8億ドルを中国国有企業のチャルコCHALCO)に石炭供給契約の残債および契約解除金として払い戻すそうだ。

具体的には、エルデネスタワントルゴイ社は1年半前に締結した石炭供給契約の枠内で、2.5億ドル、その後に1億ドルをチャルコCHALCOから借り入れ、1.37億ドルを返済していなそうだ。
それに契約解除料金として5千万ドルを上乗せして支払うという。

現時点では、政府から上記の金額を融資すると公式に議決されていないが、国有企業は国が援助しなければ銀行から借り入れることが不可能である。

もし、契約を解除し、石炭を利益の出る市場価格で販売し始めれば、エルデネスタワントルゴイ社は仕切り直しが可能になる。
また、同社のYa.バトソーリ常務の報告ではエルデネスタワントルゴイ社のIPOは今年の9月まで延長されたが、再延長される事も明らかになっている。そのため、今年度中にはIPOはしないそうだ。

エルデネスタワントルゴイ社はチャルコCHALCO石炭供給契約を有利に更新できれば開発銀行、政府から受けた融資と、これから受ける融資を払い戻せる。そのため、石炭購入者たちと有利に交渉ができる事がエルデネスタワントルゴイ社にとって大事なステップになるのだ。

出展:Mining Journal
B.トゥグス記者

原文はこちら

訳者:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/641-04fddfa0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。