スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coal Mongolia フォーラムが開幕 

news.mnより(2013.02.21)

石炭分野の最大級のCoal Mongolia 2013フォーラム・展示会が開幕した。

鉱業省D.ガンホヤグ大臣とフォーラムのB.アルタンシャガイ事務局長の演説により公式に開会された。
スケジュールに従い、「モンゴル国の石炭の状況、傾向」をテーマに最初のフォーラムが行われるそうだ。

この部門には鉱業省D.ガンホヤグ大臣、自然環境・グリーン開発省のS.オユン大臣、モンゴル鉱業のG.バトツェンゲル社長、グロージェクス・ホールディングのL.ナランバートル社長等が演説する。

2012年の状況では新たに国内埋蔵量として49億トンの石炭を追加登録した。
また、昨年度3,110万トンの石炭を採掘し、2,050万トンの石炭を輸出し、さらに国家予算に8,285億トゥグルグを納入したと同省の大臣が演説にて述べた。

2日間行われる第3回Coal Mongoliaフォーラム・展示会には10カ国の約700人の代表者等が参加した。

出展:Mining Journal
記者:E.オド

原文はこちら

訳者:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/662-593a7379

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。