スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄建設には15億ドルが必要 

news.mn(2013.03.15)より

日本JICAの支援でウランバートル市内に地下鉄建設する調査が始まっている。

これは、市内の中心部であるバローンドゥルブンザムからズーンドゥルブンザムまでは地下を、その他の部分は地上を走る「ウランバートルメトロ」の建設である。
市内の中心部には駅を設置する他、地下商店街などの施設も建設する予定である。

資金調達に関しては、JICA及びその他の国際機構より6億ドル、モンゴルより7億ドルを出資し、合計15億ドルの出資で「ウランバートルメトロ」プロジェクトが実施されるという。

市長管轄の道路・運輸・インフラ担当のN.ガントゥムル副市長が
「もし2014年から建設を始めることができれば2020年にウランバートル市には地下鉄ができる。
地下鉄の利用者は、1時間当たり2万人以上いるはずであり、推定ではウランバートルメトロを利用する場合、1回乗車の運賃は500~600トゥグルグで、およそ18キロを30分で通過することができる」
という。

このように市運営委員会は「ウランバートルメトロ」プロジェクトを市議会本会議で審議してもらうことに決定した。

D.ジャルガル記者

原文はこちら



訳:テムーレイ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/683-7784e28c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。