スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金を239,400トゥグルクに上げるよう提案 

gogo.mnより(2013.03.28)

モンゴル労働組合最低賃金239,400トゥグルク(時給1,425トゥグルク)以上にする暫定的な申し出をYa.サンジミャタブ労働大臣に提出した。

モンゴル労働組合は同提案を出す前に、この2年間最低賃金を増やすために下記の指標を調査した。
具体的には、2007年に国全体の平均賃金に占める最低賃金の割合が52%であったが、2010年には32%まで減った。
2012年末に国全体の平均賃金は598,500トゥグルクになり、最低賃金が2011年に改訂されてから257,000トゥグルク(75.2%)増えたが、平均賃金に占める最低賃金の割合は23%まで下がった。

このため、現在の国の平均賃金の40%である239,400トゥグルクにする必要があると言った。
さらに、最低賃金を改訂して以来、国民の主食品となる肉、ジャガイモ、野菜、パンの値段は25-76%増加しており、それが、最低賃金を急ぎ増加させる根拠になると述べた。

労働省は、この提案を受けて、労働・社会問題の三者協議の場で検討する。

記者:G.ビルグーン
原文はこちら

訳:オユントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/695-f1d41634

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。