スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートル市議会が「ウランバートル・メトロ」プロジェクトを承認 

news.mnより(2013.03.28)

ウランバートル市議会定例議会にて、本日、ウランバートル地下鉄を建設するプロジェクトの研究活動報告を審議し、プロジェクトを承認した。
日本JICAのプロジェクトチームの支援で「ウランバートルメトロ」プロジェクトの研究活動を昨年開始した。「ウランバートルメトロ」建設の初期準備事業を来年度から開始し、2016年にインフラ設備建設を行えば、2020年にはウランバートル市にメトロが実現するそうだ。

路線は平和大通りに沿ってウランバートルの西と東を結ぶ17.7キロの地下鉄と、地上鉄道の形で暫定計画している。
メトロを公共交通機関として導入する事で、自動車から排気される煙、有毒ガスの量は30%程度減少し、交通事故も減り、さらに市民の健康で安全な環境に住む状況が改善される。

また、メトロの建設を開始する事で15万6千人の職場が作られるとプロジェクトチームが見ている。
ウランバートル・メトロには総額15億米ドルの融資が必要と暫定的に見積もっている。

現在、日本政府がメトロ建設プロジェクトに6億米ドルの円借款を融資すると公式に発表している。

市議会議員の多数がこのプロジェクトに賛成したことにより「ウランバートル・メトロ」プロジェクトが承認された。
これから、同プロジェクトをバトウール市長がモンゴル政府及び国会へ報告するそうだ。

記者:D.ジャルガル

原文はこちら



訳:ウルジーテグシ

足りない9億ドルをUB市は出せるのでしょうか?



この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/699-e558d2f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。