スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8%の住宅ローンの規則を承認 

news.mnより(2013.04.14)

昨日の閣議でアパートを買いたい市民向けに、年8%の金利で返済期間20年の住宅ローンを提供する規則を承認した。

同規則によると、「新築で入居開始済みの80平方メートル以下のアパートまたは現在利用されている中古アパートの購入を申し込み、アパート価格の10~30%の頭金を支払った市民向けの年8%の利率、20年以下のアパートローン」と記載した。

規則を実施し、住宅ローンを民間銀行を通じて市民に貸し付ける活動をN.バトバヤル経済開発大臣が担当する。

2012年時点で、モンゴルの人口の23.8%、ウランバートル市民の40%がアパートに、残りの人口がゲル地区に住んでいるという調査結果がある。

アパートの需要と供給のバランスをとる、金融安定化制度を創出する、市民をアパートに住ませることについて閣僚が意見を交換し、政策を作った。

また、アパートの供給を支援する目的で、2013-2014年度に入居開始予定だが、資金繰りに問題のあるアパートの建設状況の調査に基づき、段階的に融資する事業を民間銀行を通じて実施するよう指示した。

住宅ローンでアパートを買えない市民向けに、賃貸住宅プログラムを立案・承認し、2013-2014年度に1,300世帯の賃貸住宅を建設する活動が実施もあわせて指示した。

記者:Sh.チメグ
原文はこちら
 
訳:オユントヤ

財源はどうするのでしょうか?
チンギス国債の償還期間は長くて10年ですので、
20年ローンの財源としては期間が足りません。
政策金利よりも安い住宅ローンは、
金利の安い日本にもありません。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/715-db017013

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。