スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者向けの賃貸住宅が第7地区に建設される 

gogo.mnより(2013.04.22)

ウランバートル市には市役所へ正式にアパートを買いたいと申請した1万人以上の市民がいる。
(訳注:前政権時に6%の住宅ローン金利で住宅購入を申し込んだ人たちのこと)

この市民達の問題を解決する為に「高齢者向け賃貸住宅プログラム」を実行した方が良いとS.オチルバト都市計画・投資担当副市長が言った。

高齢者向け住宅4000」プログラムの枠内で設立されるアパートには、高齢者、身体障害者、自然災害の被害を受けて住居を失った市民たちが、市との間で賃貸契約し、維持費を払って暮らすことが出来る。
住宅は住民の所有ではなく、市有財産である。

また、住宅地が建設される場所は、スフバートル区のノゴーンノール辺り、第7地区に建設する計画である。
最初に供用開始する高齢者向け住宅の標準モデルを40-50m2の1-2部屋、6階建てとし、
計360世帯のアパートを建設すると決定した。

同プログラムが実施されると、政府から早急に住宅を提供する必要がある高齢者や身体障害者、その他住宅ローンの条件を満たせない若い家族を助ける大きな支援になる。

市議会の幹部が同問題について合意し、定例市議会で審議することを決定した。

記者:Kh.アルタンザガス

原文はこちら



訳:オユントヤ

日本では一般的な公営賃貸住宅も、モンゴルにはありません。
ウランバートル市営住宅が実現すれば、
ゲル地区に住む高齢者や身体障害者には大きな支援になりますね。

5月10日追記:
5月9日にウランバートル市議会で上記プロジェクトが
可決されたそうです。
こちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/720-1c14e700

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。