スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西ツァンヒの採掘業者の入札を公表した 

gogo.mnより(2013.05.02)

エルデネス・タワントルゴイ社は西ツァンヒ鉱区採掘業者の競争入札を公表した。

昨日公表された選考は、国内外の企業に開かれており、申請書類を受け付ける期限は5月31日に終了するそうだ。

非公式の情報では、契約採掘業者は 1年間の仕事を受注することができる。
期間をこの様に短期にした事はエルデネス・タワントルゴイ社の支払い能力と関係があるそうだ。

昨年10月に西ツァンヒ鉱区の開所式を行い、今年2月から表土撤去作業をヒシグ・アルビン・インダストリアル社が開始した。

同鉱区から今年100万~200万トンの石炭採掘する計画である。
西ツァンヒ鉱区石炭採掘が開始されれば、エルデネス・タワントルゴイ社の経済力向上に大きく貢献する。

出展:Mining Journal誌
記者:S.ボルド
原文はこちら

訳:ウルジーテグシ

石炭価格の回復がなければ厳しそうですね。


この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/729-1669a61e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。