スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢の元兵士たちに住宅が与えられる 

Daily news(2010.08.24)

今年はモンゴル第二次世界大戦に参加し、勝利してから65年目を迎える。同記念に向けて、参謀本部及び国防省が様々な事業を行っている。
本日、戦争に参加した80人の高齢の元兵士たちに住宅の鍵を渡すという。国防省前の広場で行なわれる鍵の授与式の際、180人の高齢の元兵士たちに65年記念の勲章を渡すという。また、「解放戦争1945」という映画の封切りが行なわれる。戦勝65年記念のクライマックスは来月の1日、2日に迎える。9月1日に同戦争に参加した国々の代表者たちが参加した研究調査会議が開かれ、2日にL.ダンダル将軍とJ.ラワグスレン将軍とロシア人の兵士たちの銅像に献花式が開かる予定だ。
また、今月の28日にスフバートル県、29日にドルノゴビ県においてそれぞれ祭りが行なわれる予定だ。ドルノゴビで行なわれる祭りでは、兵士がパレードをする予定。
今から65年前の8月10日、モンゴルが宣戦布告してから、翌日すなわち8月11日から12日にわたって厳しい戦闘をしたという。
その後、9月2日に日本が無条件降伏文書に署名したことにより、モンゴル国が勝ったという。同戦争にはモンゴルから9部隊が2方面に進軍し、2万1000人の兵士が参加したという。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/73-f8548a9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。