スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元横綱・朝青龍がモンゴル民主党に入党 

News.mnより(2013.05.22)

大相撲の第68代横綱で元朝青龍ことD.ダグワドルジ氏がモンゴル民主党に入党届けを提出し、先ほど党員証が手渡された。

国会議員で工業・農牧業大臣のKh.バトトルガ氏から民主党の党員証を手渡された元横綱は、
「自分は物心が付いたときから民主主義を支持してきた。2000年以降今日まで、民主主義の活動、民主党の政策を個人としては積極的に支持してきた。本日、正式に入党できてうれしい。」
と民主党本部で行われた記者会見で述べた。

B.エンフ記者
原文はこちら



横綱朝青龍ダグワドルジ氏の実兄、ソミヤバザル氏は人民党員で、先日ソンギノハイルハン区の決選投票で国会議員に当選しています。
兄弟が与党と野党に別れることになりますね。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

あれ?以前ドルジは、人民革命党の首相の応援してませんでしたっけ?
まちがってたらすみません
でも個人的にはモンゴル民主党のほうが進歩的な政党のように思えるので、
どちらにせよ良かったと思いますが

Re: タイトルなし

名無しさん

コメントありがとうございます。
> あれ?以前ドルジは、人民革命党の首相の応援してませんでしたっけ?

おっしゃるとおりです。
ダグワドルジ氏はエンフバヤル前大統領の逮捕の時も
前大統領を庇っていましたので人民革命党の支持者かと
思われていましたが、今回宗旨替えをされたようです。

横綱ファミリーとしては、どっちが選挙に勝っても
ビジネスがうまくいくように考えたのでは?
というのが巷の見方です。

日本でも関ケ原の戦いの時に、一族が東軍と西軍に分かれた
真田家や前田家の例もありますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/739-d7c97994

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。