スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新機材ボーイング767-300がソウル便に就航 

assa.mnより(2013.05.22)

モンゴルの航空会社MIATの新機材、ボーイング767-300ER型機が就航し、初フライトがウランバートル発ソウル行きで本日13時にチンギスハーン国際空港から離陸した。
U.アルヴィンブヤン機長、A.エンフジャルガル副機長の操縦で、ウランバートルから186人の乗客がいるそうだ。

U.アルヴィンブヤン機長は36年間の飛行経験があり、MIAT社の最優秀飛行士である。

MIAT社は新しいボーイング767-300ERの初フライトの乗客に記念品を贈り、旅の安全を祈念した。

原文はこちら

訳:ウルジーテグシ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/745-2b0562ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。