スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角橋の大改修が完了 

News.mn 2010.08.30配信より
B.アンハー記者

 新学期を前に、交通量がピークを迎えるこの時期に、三角橋(ゴルワルジンギーン・グール)の修理が完了し、開通した。この橋は1989年に最初に開通して以来、大きな修理を行って来なかったが、この度、大改修が完了した。
 去年、中断されていた橋の大改修を中国資本のHKP社が担当し、道路の舗装を「ウランバートル道路修理」社が担当し、国の委員会に完了を報告した。三角橋の道路舗装は、計画に従い5cmの厚さで敷かれた。
 道路修理に必要な資材は「ウランバートル道路修理」社が自社工場から運び、使用したとのこと。
 「アスファルト舗装の強化に十分な時間を費やしたので、重量の大きな車両もスムーズに通れる」と開通式で担当者が述べた。
 こうして、三角橋が開通し、対面6車線(片側3車線)の通行が可能になり、渋滞が緩和されるだろう。
原文はこちら

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/75-a322a646

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。