スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい鉄道を三段階で建設する 

Zaluu.comより(2013.06.24)

国会で承認された「鉄道輸送関連政策」に従い、モンゴルに5,600kmの鉄道を3段階で建設することになった。

2012年12月3日の政府の第121号決議により、鉄道政策の第1、第2段階の鉄道の基礎工事を、国の経済・社会に特に効果がある鉄道として、基礎工事の許認可をモンゴル鉄道国有公社に与えた。

また、新鉄道プロジェクトを国内外の投資者が共同出資した特別目的会社を設立する方法で実施するよう指示した。

「新鉄道」プロジェクトの初期投資について、政府の第82号決定により国債を売却して集まった資産で同プロジェクトの資金を調達し、4億ドルに相当するトゥグルクを開発銀行を通じて2013年に出資するよう経済開発大臣に指示し、開発銀行の取締役会に許可した。

現在、オハーホダグ-ガシュンスハイト方面の鉄道の基礎工事が続いており、タワントルゴイ-サインシャンド-チョイバルサン-エレーンツァブ-ホート-ビチグト方面の鉄道の図面を作成している。

オハーホダグ-ガシュンスハイトの新鉄道の元請事業者をサムスンC&T 社が努め、下請業者として国内の8社が工事をしている。

記者:A.テムル
原文はこちら

訳:オユントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/764-685c572c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。