スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンギス国債から投資するプロジェクトの進捗状況 

BloombergTV.mnより(2013.06.25)

モンゴルで多くの建設プロジェクトが実施されている。
その中でチンギス国債から投資される8分野に計10億ドル以上を出資した。

例えば、チンギス国債の資金から2億ドルまで投資すると計画したストリート ・プロジェクトの枠内で、今年33ヶ所の交差点を改修すると計画した。
そのため、計画を実施する為に毎週一つの交差点の改修を完了すると経済開発省は目標を掲げた。
先週、サッポロ交差点、ウルグー映画館南側の交差点の改修を完了した。

一方、地方では6つの県庁所在地をウランバートル市と接続する道路を工事することになった。
計1,800kmの道路工事にチンギス国債の資金から5,700億トゥグルグを出資し、施工会社も明らかになった。
プロジェクトの枠内で、計18の道路工事が実施されるうち、14の道路工事を今年中に終わらせると計画した。
しかし、事業者側の理由により、各方面の進捗が異なると道路・運輸省が報告した。その中で、一番進んでいるのはバヤンホンゴル県の道路は7月中旬に供用開始できる。ドルノゴビ県、ドンドゴビ県の道路工事は計画通りに順調に進んでいる。しかし、道路・運輸省の報告ではフブスグル県、ボルガン県の道路工事は遅れているので今年中に供用開始できないかもしれない。

一方、チンギス国債で調達した資金から出資して建設するオハーホダグ-ガシュンスハイト方面の267kmの鉄道工事の進捗は19.8%である。
同鉄道工事に投資したいと20社が応募し、その中から10社が選ばれ、投資する事前覚書への署名が始まった。

記者:B.ゾラムホルロー

原文はこちら

訳:オユントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/770-d87a9479

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。