スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルオールハイチッドJVがタワントルゴイ社の入札に勝ったか? 

gogo.mnより(2013.07.17)

エルデネス・タワントルゴイ社は西ツァンヒ鉱区の1年間の工事業者の競争入札を行った。
同入札にヒシグ・アルビン・インダストリアル社、メラ社、モンゴリン・ウンデスニー・オルボルロクチの3社で構成する「モンゴルオールハイチッド」JVが勝ったと非公式的なルートで情報があったとmongolianminingjournal.comに掲載された。

上記3社のJVは表土撤去作業の見積もりを1立方メートル当たり8,838トゥグルグで提案して、競争者の提案価格より高かったが、他の指標で選ばれたと報告された。

これについてエルデネス・タワントルゴイ社に聞いたところ、正式な発表はできないと言ったが、「モンゴルオールハイチッド」JVは「正式な発表はないが準備を始めている」と答えた。

出展:ゾーニー・メデー紙
記者:U.ソノル
原文はこちら

訳:オユントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/775-799a4791

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。