スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートル市の道路工事の進捗は62% 

Shuud.mn (2013.07.24) より

今年は例年より早く4月から始まったウランバートル道路工事の進捗は、現在62.25%であるとウランバートル市道路局が報告した。

今のところエンフタイワン(平和)橋から120ミャンガト交差点までの0.6km、ツァガーン・ダワーのゴミ処分場までの1.66km砂利舗装、オリンピック通りの1.1km、22検問所など4つの道路工事が完了した。

一方、ダンダルバートル通りの0.9km、ズーンサラーの3.6km、ベルフの5kmなど9つの道路改修が完了し開通した。

また、オリンピック通りとゲンデン通りの三叉路を改修し交差点にする3,000m2の工事、フチト・ションホル市場から革命家通りの交差点までの1.7km、バヤンモンゴル・ホローロルを太陽道路と接続する200mの道路、鉄道をくぐる道路トンネル、セルフの4.5km道路など、計21の道路工事が行われている。

また、入札の評価段階に3件、再入札に2件、道路工事があるとウランバートル市道路局が報告した。

ウランバートル市道路局のD.ナンザドドルジ局長の報告では、
「9月1日までにウランバートル市中心部で実施されている道路工事、建設が全て完了する予定だ。
しかし、住民たちが土地を明け渡さないので、一部の道路工事は遅れている」
と強調した。

また、「現在工事や改修をしている道路は監督を良くしているので1-2年のうちに壊れることはない」
と言った。

2012年と比較すると、今年は道路工事に1.5倍の6,000億トゥグルグを投資した。
もし、22検問所からバヤンズルフ橋までのトール川沿いの50kmの高速道路が着工すれば、投資額は1兆トゥグルクになる見込み。
そのうち、ウランバートル市の予算で15の道路を建設するが、残りを国家予算や新建設開発銀行などの投資で建設する。

記者:A.エンフジャルガル
原文はこちら

訳:オユントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/777-0950843b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。