スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まもなく1100kmの鉄道が建設される 

Daily news 新聞より(2010.09.13)

国の鉄道建設基本方針でモンゴルの西から東まで鉄道で繋がるように計画をしている。初めは、約1100kmのタワントルゴイからザミンウードまでの工場用重荷重鉄道を建設する準備をしている。道路運輸建設都市計画省より土曜日すなわち9月11日に新鉄道建設の入札前相談会議が行なわれた。同会議には鉄道建設を目指しているロシア、日本、中国、韓国以外にも、他国の大使館、入札に参加すべく申し込んだ会社の代表者たちが参加したという。道路運輸建設都市計画省のA.ガンスフ副大臣の指導下で会議が行われた。会議の際に、新鉄道に関する20あまりの`発表が行なわれ、フィジビリティスタディを検討し、意見を交換したという。会議に参加した過半数の人が入札条件、投資金の総額、鉄道による収益をどのように配分するかに興味が高かった。また、モンゴルの代表者らが短い間に品質が良く重荷重鉄道を建設できる希望があると述べていた。その上、鉄道の使用方法を協議したことに基づいて、鉄道による収益をどのように分けるかを決定すると述べた。
しかし、鉄道に投資した会社が一定期間使用した後で、モンゴルに譲渡する必要があると述べた。鉄道の入札を行なう期限、条件などを政府が決め、作業部を設立する予定だ。
ついでに言えば、鉄道建設には、事前計算によれば、1kmあたり2,500USドルが必要と見られている。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/80-c9466aa5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。