スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱物資源権益の52.2%は中国が所有 

Unuudur紙電子版より(2014.02.25)

モンゴル鉱業分野における外国投資100%の権益所有者の52.2%は中国の会社であると、
鉱物資源庁が先月の報告書に掲載した。

権益所有者数で英領バージン諸島、韓国、シンガポール、カナダ、オーストラリアと続く。
2010年時点で、鉱物資源庁は計4,137件の鉱物資源探査・採掘権益を1,907企業に発行した。

同年、エルベグドルジ大統領が探査権益と採掘権益の新規発行を禁止したため、
(3年間の有効期限が切れるにつれて)権益数が減少し、
昨年末時点で権益数は3,018件になり、所有者数は1,655になった。

権益所有企業数の推移

合弁

100%外資

国内資本

2010

150

264

1,493

2011

148

291

1,401

2012

157

330

1,337

2013.01.09

134

295

1,226



記者:B.ツェツェグスレン
原文と各国の権益所有グラフはこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/821-cadd0033

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。