スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル初のコントラバスを製作 

今回は当ブログでは珍しく音楽の記事です。
こちらのリンクから元記事の写真もご覧ください。



Unuudur 新聞電子版(2014.03.04) より

皆さんが見ているのはモンゴルで初めて作られたコントラバス
以前、モンゴルコントラバス奏者は楽器をドイツ、中国、日本から購入或いは、
寄付された楽器を利用していた。

そこで、モンゴルの優秀な楽器製作者で、セッティモ社のD.トゥブシントゥル社長が
モンゴル初のコントラバスを製作した。
彼女は、モンゴルで唯一のクラシック楽器の製作者である。
彼女が製作したバイオリン、ヴィオラ、馬頭琴モンゴルで多くの奏者が利用している。

この楽器を注文した人は、モンゴル国立フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者のL.ソガルフー。
ロシアおよびイタリアの音楽大学を卒業し、コントラバス演奏で活躍している彼女が
3月28日にソロ・コンサートを披露する。
プロのコントラバス奏者のソロ・コンサートはこれまで無かったので、
同コンサートは非常に面白くなるだろう。

記者:S.セルゲレン
原文はこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/828-f3dd97aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。