スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダン寺周辺のゲル地区再開発計画を観光政策と連携 

Udriin sonin (2014.03.17)より

バトウール市長の命令書第А/167号「作業部会設立」が出された。

命令書に従い、ウランバートル市の2014年度の経済、社会問題に関する目標を実施する枠内で、
バヤンゴル区第16ホロー(ガンダン寺周辺)のゲル地区再開発計画を
ウランバートル市の観光開発政策と関連付ける作業部会を設立した。

作業部長にTs.エンフツェンゲル氏が任命され、ウランバートル市観光局、
ウランバートル市文化芸術局、ウランバートル市マスター・プラン局など
関連各局の担当者が作業部会に入っている。

同作業部会はガンダン寺周辺の一部を工芸センター、宗教観光付属サービス、
アンティーク・ショップ、土産物センター、ゲル・ホテルなどがある
文化観光スポットに発展させる提案を作成し、
2014年4月28日までにウランバートル市役所の幹部に発表するよう
作業部会に指示したとウランバートル市報道・広報部が報じた。

原文はこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/839-f4e14be3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。