スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スマートUB」プログラムを可決 

Unuudur 新聞電子版 (2013.03.28)

エルベグドルジ大統領の「大きな政府からスマート政府へ」イニシアチブにより、
バトウール市長が「スマート・ウランバートル」プログラムを実行する作業部会を設立した。

同プログラムは2014年~2016年に「電子化のウランバートル」、
2015年~2018年に「技術化のウランバートル」、
2016年~2020年に「スマートで、グリーン、先進ウランバートル
という段階により実施される。

さらにこの間、ウランバートル市に先進国の技術、設備、
イノベーションなど優れた解決方法を導入する。

このプログラムの結果、公正で敏速でサービス提供が良い市役所と、
市をITで管理するスマートシティ、汚職が無い、ビジネスにやさしい優れた行政、
総合システムを持つ都市になる上、行政サービスの提供速度が50~90%増加し、
ビジネスに関する経費が20~50%減少する。

また、犯罪数が20%以上減ると同時に、市役者所属機関の事業利益は
各分野ごとに10%~100%アップし、市民は200種類以上のサービスを
一箇所で受けられるようになる。

昨日の定例市議会で、プログラムを最終的に承認するか、
再作成するかを審議した。

市議会の議論はとても厳しく行われた。
出席者の大部分が賛成したが、S.アマルサイハン市議、
D.アヴィルメド市議、G.ガンバヤル市議が反対した。

彼らは市長を強く批判し、「このプログラムをどんな観点から見て活動しているか?」
と質問したが、適当な回答が無かったと承服しなかった。

さらに、2020年にプログラムが終了した時に、お金をばらまいただけで、
何の効果も無い事業になるではないかと心配していた。

アマルサイハン市議は「スマート・ウランバートル」プログラムの総予算は幾らか、
現在サービスを提供している行政機関の数を減らすか」という質問を通じて
「現在社会が直面している問題にも配慮すること」を市長に注意喚起した。

作成が不十分で、用語、内容、誤字脱字が多いと批判された同プログラムを、
編集部に移管することになった。
このように、少なくない議員が反対したが、幾つかの規定を訂正することで、
市議会議員の75%の賛成を得た「スマート・ウランバートル」プログラムが承認された。

記者:G.アリオンツァツァラル

訳:オーガントヤ
原文はこちら
この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/850-df62fa7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。