スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港においてモンゴルへの投資会議が行われる 

News.mnより(2010.09.24)

この10月にモンゴル鉱山業界では国際セミナーや会議が多く行われる見込みだ。10月12から14日にかけてオーストラリア・香港合資のBeacon社により「Mongolia Investment Summit-2010」シンポジウムを香港のコンラッドホテルにおいて開催する。我が国は国際的に「北アジアの資源首都」と呼ばれており、モンゴルの豊富な鉱物資源を元に、多様なビジネス業界への投資チャンスがあることを同シンポジウムをもって認識させることを目指している。シンポジウムをモンゴル政府が支援する。さらに来月15、16日にモンゴル国立科学技術大学により、ヘルレン県国際地質探検隊の第17科学会議「中央アジアにおける地質学及びメタロジェニーに関する問題」が行われる予定だ。モンゴルにおける地質学者の養成開始50周年の記念に行われる同科学会議をもって、中央アジア及びモンゴルにおける地質、地殻変動、メタロジェニー、巨大鉱物鉱床の地質的組成、起源のサンプル、サブダクション(沈み込み帯)における火成活動の岩石学及び地球化学、石油・天然ガスの地質学、鉄鋼石の組成及び開発用複合技術、資源探鉱・評価最新方法、中央アジアにおける水文地質学、地質工学、地生態学、地質学者の養成に関する技術革新の問題などといった問題を検討する。

原文はこちらへ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/87-ba34eb61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。