スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オユトルゴイの事業は平常どおり行なわれているか? 

Medee.mnより(2014.04.04)

-オユトルゴイ鉱山からの収入はリオティントに流れ続けている

モンゴル国政府が世界規模で実施した初の大型プロジェクトはオユトルゴイである。
投資家のリオティント社にとっても、将来的に最も大きな収益を得られる
「金の卵を産む鶏」である。
このプロジェクトの第2フェーズである地下鉱山のインフラ整備が、
いくつかの理由により昨年7月以来止まっている。
しかし、ほとんどの問題は解決し、現在地下鉱山のフィジビリティスタディ、
プロジェクトのファイナンス条件の承認を待っている状態である。

今年、オユトルゴイ社は13.5~16万トンの粗銅を製造する目標を掲げている。
しかし、地下鉱山の採掘が開始され、稼働率が100%になれば、年間12億ポンド、
すなわち現在のレートで40億ドルの銅、60~70万オンス(8億ドル)の金、
300万オンス(5,500万ドル)の銀を生産できると見込まれている。

-オユトルゴイの事業は平常どおり行われているか

オユトルゴイの問題は世界の注目を集めている。
一部では第2フェーズのファイナンスの問題が解決されないため、
同プロジェクトは中断していると報道されている。
この問題に関して担当の広報にインタビューした。
オユトルゴイの事業は平常どおり行われているとのこと。
現状、オユトルゴイプロジェクトではモンゴル人従業員が占める割合が92.3%に達した。
今年1月初めに精銅工場のくし刃が破損し、修理が行われた他は、
特に停止、不具合は起こっていないとのこと。
去年同社は26,000トンの粗銅を販売し、5,100万ドルの売上を得た。

オユトルゴイの資金調達のための融資期間が終了した。
言い換えれば、世界銀行と取引のある金融機関20数社がオユトルゴイに投資する
意思があるため、再度融資を行なう期間について話し合いの扉は開かれているとのこと。

-リオティントモンゴル人を「騙さない」
オユトルゴイには非常に多くの株主がいる。
同社についての悪い情報はその日の株価に影響する。
それゆえ、政治家の誰かが不用意に言った言葉が多くの人々に誤解を与え、
少なからず悪影響をもたらすと担当者は言っている。

彼は
「1つのことを理解する必要がある。
リオティントは巨額の資本を投資している。
現在全ての項目は公開されている。
世界標準に沿って事業を行わなければ、モンゴルだけに留まらず、
チリ、オーストラリア、アフリカなどの全ての国に支社がある。
銅だけでなく、ダイヤモンド、鉄、銅、アルミ、石炭の分野で事業を行なっている。
オユトルゴイに投資を行い、モンゴル国民を「騙して」去っていけば、
業界の大手企業はどうなる?いかなる政府も受け入れなくなるのだ」
と説明した。

-オユトルゴイ社はモンゴル証券取引所に上場していない
オユトルゴイ社はモンゴル証券取引所に上場していない。
しかし、リオティントは上場している。
モンゴル政府は投資家とオユトルゴイをモンゴル証券取引所へ上場することについて
合意すれば、可能とのこと。
オユトルゴイプロジェクトのせいでモンゴル国に蓄積された借金はないと担当者は強調した。

しかし、チンギスボンドによって34%の投資をなぜ行わないのかという問題が生じた。
また、「双方が会談し、建設的に話し合うことが重要である」と強調した。

双方の間には意見の食い違っている30以上の項目のほとんどは解決されたという情報がある。
長い間、「話し合いが継続中である」と言われている向こう側で、
モンゴル政府は財政危機にあるなど、一定の問題があるようだ。

オトゴチョロー、ガンボルドらによると、問題は解決に近づいているとのこと。
最も注目を集め、暗礁に乗り上げていた問題は、プロジェクトの第2フェーズの
フィジビリティスタディであり、今年6月末には完了するはずだとのこと。

-政府はオユトルゴイの収入をリオティントに支払っている
現状、国際投資家であるリオティント及びターコイズヒル・リソーシズ社は
オユトルゴイの整備を100%出資してきたが、いかなる利益も得ていないとのこと。

今のところモンゴル政府はこのプロジェクトに何らかの形で資金を支出しない
という決定に変わりはない。
リオティントおよびターコイズヒル・リソーシズは2009年から2011年に
総額2億5,000万ドルの税金の前払いをモンゴル政府の要望により、
モンゴル政府の短期的な資金の需要を満たすために支払った。

先月26日にターコイズヒル・リソーシズの年度決算が出された。
現状、モンゴル政府は34%を所有していると報告されているが、
1トゥグルクの出資も行われていない。
もし、出資を行っていれば、160万ドルを回収していただろうとのこと。
残念ながら、この資金の貸し手であるリオティントの口座に
直接振り込まれ続けているとのこと。

記者:E.エンフエルデネ
原文はこちら

訳:プージェー

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/874-a53dc32c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。