スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本がエルデネス・タワントルゴイ社の株主に? 

mglradio.comより(2014.04.28)

日本の太田昭宏国土交通大臣を団長とした代表団がモンゴルを公式訪問している。

訪問中、両国の交通・運送分野における協力について意見交換し、
フシグティーン・フンディーで建設している新国際空港の進捗を視察している。

日本の土地・インフラ・交通・観光分野の関係者らがモンゴルとの協力において、
どんな希望があるかについて太田国土交通大臣にインタビューした。

-ウランバートル市中心部で建設される地下鉄プロジェクトにソフトローンを提供することを審議し、
決定しました。会談に際し、他のどんな問題を解決しましたか?


ウランバートル市の発展を見学して全く驚いた。
こんなに急成長している国では交通、運送の革新が重要であるのは明白だ。
そして、ウランバートル市中心部で地下鉄建設事業が実施され始めている。
この地下鉄建設事業において、日本側がソフトローンを提供する形で協力することについて
検討することを決定した。

-日本の会社らがエルデネス・タワントルゴイ社の株主になる希望を表明しています。
これをどのように解決しますか?


日本の会社らがエルデネス・タワントルゴイ社の炭鉱の株主になる希望はある。
そのため、エルデネス・タワントルゴイ社の株主になる課題を、
どのように鉄道問題と絡めて解決するかを今後話し合い、解決する。
つまり、検討するという意味だ。

-貴国のソフトローンで建設されている新国際空港の進捗を視察しましたか?

本日、ガンスフ道路・運輸大臣と両国の交通やインフラ分野でどう協力するかについて話し合った。
建設中の新国際空港のプロジェクトが順調に実施されていることを嬉しく思っている。
会談では、新空港が開業した後、マネジメントについてどのように協力するか、
日本企業がどのように参加するかについて意見交換した。

記者:D.ジャルガル

原文はこちら

訳:オーガントヤ



「検討する」という言葉の意味をどのように捉えるか?
ですね。
新空港の運営では、韓国企業も名乗りを上げているそうです。
どちらが取るのでしょうか?

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/877-e1a60e32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。