スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国方面の新鉄道は標準軌で建設 

モンツァメ(2014.04.30)より

主な輸出製品が出荷されている中国へ向かう新しい鉄道を標準軌で、
他の方面には広軌で鉄道を建設する国会決議案を作成した。

本日、バトバヤル経済開発大臣が長期間待たされてきた鉄道のレール幅を
最終的に決定する「新鉄道路線建設」決議案を国会議長に提出した。

鉄道建設工事を短期に竣工する必要に迫られているが、
レール幅の問題が今まで解決していなかったため、この工事が遅れ、
運送費による損失が増加し続けている。

従って、経済開発省が鉄道の軌道を詳細に記載した決議案を作成し、
国会で審議させるため準備した。

同決議案についてバトバヤル経済開発大臣にインタビューした。

-決議案には鉄道のレール幅をどのように記載しましたか?

モンゴルは2012年度の国際物流効率性指数(LPI)で150カ国中140位だった。
石炭埋蔵量で世界上位の1つであり、石炭市場における最大の消費者である中国の
隣国にもかかわらず、我々は未だに物流を発展させられていない。
従って、我々には「新鉄道路線建設」決議案を早急に作成する必要に迫られていた。

一方、2010年に国会が鉄道政策を承認した。
同政策によると、新しい鉄道を建設するごとにレール幅の問題を
国会で審議させる義務を内閣に負わせた。

本日上程した決議案には、タワントルゴイ~ガショーンソハイト、
サインシャンド~ザミンウード、フート~ビチグトの各方面に標準軌鉄道(1,435mm)を、
モゴインゴル~エルデネット、タワントルゴイ~サインシャンド~バローンオルト
~フート~チョイバルサン、フート~ヌムルグの各方面に広軌鉄道(1,520mm)を
建設するように盛り込んだ。

要するに、主な輸出製品を出荷している路線に標準軌鉄道を建設するように反映した。

-レール幅をこのように選択することは、経済的にどのような効果があるのでしょうか?

2種類のレール幅の鉄道を建設すれば、積み替える必要がなくなる。
すると、時間と費用を節約出来る。
今、我々は石炭や粗銅をトラックで運送している。
この運送費が高いので、経済的な競争力が低下し、原価が高くなっている。

しかし、この新鉄道が竣工されると、鉱業製品の輸出原価が減少し、
競争力が改善し、モンゴルに入って来る収益が増加する。

つまり、戦略的鉱山から採掘した鉱物資源を精製する工場からの輸出を支援し、
マクロ経済指標を安定させ、国・地域の社会・経済発展のテコとなるのだ。

-レール幅を決定したとして、どれぐらいの期間で鉄道を竣工しますか?

決議案が承認されれば、最初の鉄道は2年間で竣工すると思っている。
鉄道を建設することは簡単な仕事ではない。
しかし、レール幅を決定すれば、障害はなくなる。

-新鉄道プロジェクトの枠内で何カ所の国境検問所を新設しますか?

今までは、モンゴルには鉄道が通る3カ所の国境検問所がある。
ロシアへの2カ所、中国へはザミンウード国境検問所がある。
これからは、ガショーンソハイト、ビチグト、ヌムルグ、シベーフレンなどの
国境検問所が開設される。

今後、タワントルゴイ炭鉱周辺の鉱床、ツァガーン・ソブラガ銅鉱、
アドーン・チョロー、チャンドガナ、タルボラグ、フート、モゴインゴルなどの
銅、タングステン、亜鉛、蛍石の各資源の大型鉱床が操業し始めると、
輸出製品量は年間平均5,000万トンを超えるように推計されており、
これは現在の鉄道貨物運送量の3.5倍に増加する概算見通しがある。

-チンギス国債からの融資で建設されている鉄道建設工事の進捗は
何パーセントになっていますか?


チンギス国債から2億米ドルの融資を鉄道分野に拠出した。
現在、「新鉄道プロジェクト」の枠内でオハーホダグ~ガショーンソハイト方面の
鉄道270キロメートルの基礎杭工事を施工し、進捗率は40%である。

-チンギス国債の残高は幾らになりましたか?

計15億米ドルが入ってきた。
そのうち50%を今までのプロジェクトやプログラムに使った。
残りの50%は開発銀行にある。

記者:N.ガントヤ

原文と地図はこちら

訳:オーガントヤ



サインシャンド~ザミンウード間は標準軌と広軌が並存することになりますが、
複線化するのか、三線軌条にするのかは不明です。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/879-325d929f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。