スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オユトルゴイに1億3,000万ドルの支払い命令 

Ord.mnより2014.06.25

モンゴル国税庁は月曜日、税務監査により見つかった申告漏れおよび追徴課税分として
オユトルゴイに1億3,000万ドルの支払いを命じた。

しかし、オユトルゴイの株主であるターコイズヒルリソース社は
これを見解の相違と見ており、ケイ・プレストリ社長は
「我々はこの追徴課税を受け入れられない。
しかし、この問題を解決する全ての方法を模索する。
もし今月中に解決できない場合、地下鉱山の建設作業に
支障をきたす可能性がある」
と述べた。

一方、リオティント社は
「もしモンゴル政府が追徴課税の支払い命令を停止しなければ、
投資契約に違反していると見て、国際仲裁裁判所に訴える」
と強硬な立場を回答した。

以前、カナダのハン・リソース社がモンゴル政府を国際仲裁裁判所に提訴し、
2億ドルを請求していた。
同社が所有していたドルノド県にあるウラン鉱山の探査および採掘権益を
政府が無効にしたことにより提訴し、現在まで最終的な解決されていないだけでなく、
モンゴルが勝訴する可能性は低いと言う。
今度は、オユトルゴイの税金問題でモンゴル政府は再び
国際仲裁裁判所に訴えられるかもしれない。

最近、オユトルゴイの地下鉱山の51億ドルの資金調達が頓挫したことが、
モンゴル経済を停滞させており、この問題を前向きに解決するために
アルタンホヤグ首相はリオティント社の経営陣に親書を送っていた。
しかしその後、オユトルゴイ社は社内の構造合理化という理由で
先月27日に300人のモンゴル人従業員を解雇した。

今もし税金の問題を解決するためにリオティントターコイズヒルリソースに
譲歩をしなければ、国際仲裁裁判所に呼び出され、「泣きっ面に蜂」になる可能性がある。

記者:B.ダワートクトホ
(ウドゥリーン・ショーダン新聞)

原文はこちら



オユトルゴイの第2フェーズのFSが一段落し、
「まさにこれから」というタイミングでこんなことをして、
いったい誰が得をするというのでしょうか?

訳:プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/897-c121263c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。