スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルが資金洗浄の監視リストから削除された 

info.mnより(2014.07.03)

フランスのパリで資金洗浄に関する金融活動作業部会
(Financial Action Task Force :FATF)の総会が開催された。

今回の総会で同部会はモンゴルをマネーロンダリングおよび
テロ資金供与防止の政策不備を是正したと評価し、
監視リストから削除する決定を公式サイトにて発表した。
(http://www.fatf-gafi.org/documents/news/fatf-compliance-june-2014.html)

モンゴルは2011年からこの監視リストに入ったが、
この監視リストから削除されるために多くの活動を行い
困難な道のりを乗り越えた。

今でもFATFの監視リストから削除されない国や地域も存在していることが、
この監視リストから削除されるために非常に困難な活動だったことを証明している。
モンゴル以外にネパール、キルギス、タンザニア、ケニアも監視リストから削除された。

FATFとは、資金洗浄テロ、核兵器資金供与防止の活動を行い、
世界の政策、標準を定める国際機関である。
この部会が定めた提言を世界中の全ての銀行、金融機関、税関、
出入国検査機関などが遵守し、同機関から発表したリストに入った国々に関する
銀行、金融、ビジネス、融資関係に関連する規制措置をとる。

FATFの公式サイトでモンゴルについて好意的に発表されたことは、
モンゴルの名誉となるだけではなく、今後の国際的なビジネス、経済活動において、
資金洗浄テロ資金供与防止に関する問題が起きない可能性が整う。

この監視リストから削除されたため、モンゴルの金融システムは
世界金融システムから孤立する危機から完全に脱して、
確実で、安定的な基盤を確保するとともに、
経済安全地域すなわち白いゾーンに含められることになった。

そして外国投資が減っている現在の情勢において、
国内外の投資をより多く誘致するために快適で、安全な条件を
整えているだけでなく、モンゴルの金融、経済システムの
重要な保護になっていることが特徴である。

モンゴルは資金洗浄およびテロ資金供与を防止する
国際共通基準にあった法環境を整備し、
国連加盟国としての義務を果たしたことにより、
世界中の脅威になったテロテロ資金供与、
資金洗浄などの問題を防止し、これらからも
予防する意思が高いことを世界の国々および国際機関が認めた。

出展: http://www.info.mn

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!




関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/900-7209fae2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。