スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2オフセットクレジット制度を利用し暖房効率を改善 

shuud.mnより(2014.09.15)

モンゴル日本の政府間で2013年に2国間オフセット・クレジット制度が署名された。
この協力の枠内で、今年日本の関電プラント社とニチアス社が
「火力発電所の温水配管に追加断熱を行なうことで
エネルギー効率を改善するための事前調査プロジェクト」
を第3火力発電所で実施することになった。

プロジェクトの途中で熱損失の大きい配管の古い断熱材の上から
Pyrogel XTという断熱材を追加し、熱損失を削減する実験を行なう。
Pyrogel XTを追加することにより熱損失を削減し、エネルギーと燃料の節約になり、
最終的にCO2排出量の削減になるため、調査の途中で熱測定を行い、
2国間オフセット・クレジットの算定を行なう。

プロジェクトチームは先日、自然環境グリーン開発省、第4火力発電所
経済開発省などの関係者の参加の下、第3火力発電所において
断熱材追加のデモンストレーションを行なった。

V.バト記者
原文はこちら

訳:プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/907-adf18451

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。