スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトウール市長が契約に反発 

News.mnより(2014.10.20)

民主党党首のアルタンホヤグ首相が人民革命党党首のエンフバヤル前大統領と
協力契約を更新したことに関連して、民主党首都支部長のバトウール市長、
ウランバートル市議会のバトトルガ議長、民主党首都支部のヌルゼド幹事長が
つい先ほど記者会見を開いた。

バトウール市長は
「この契約は法的に無効だと見ている。民主党総会の執行委員会が開かれていない。
民主党首都支部はこの決定を承認しない。これについて民主党首都支部は会議を開き、
不法に行われた契約について提訴する。この契約の最も危険なところは、
この契約が署名することで直ちに有効になるという規定だ。(中略)
このような契約を締結するには民主党首都支部長にも相談すべきだが、
私には何も話していない。」
と述べた。

さらに
アルタンホヤグ党首は最近権力を守るためになりふり構わず行動している。
民主党の党員、支持者だけでなく、一般の国民も覚えきれないぐらいの行動を
数多くするようになった。
アルタンホヤグは首相の座に留まるために7人の閣僚を犠牲にした。
今度は民主党を政治的犠牲にしている。党員の誰にも相談せず、
単独で決定を出し人民革命党と契約した。
しかしアルタンホヤグにそんな権限はない。
この契約には民主党に重大な被害を与える3つの規定がある。
契約の3,9,14条は我が党に重大な被害を与える。
それゆえ、民主党首都支部はこの問題について審議する。」
と述べた。

L.ハリウ記者

原文と民主党首都支部の発表はこちら



訳:プージェー藤井

すでに政局になってしまっています。
新閣僚の承認、2015年度予算案、タワントルゴイの再入札など
重要案件が目白押しなので、
政治的空転は避けなければならないはずなのですが・・・。

バトウール市長も2015年度予算案では腹に据えかねており、
そこに来てエンフバヤル前大統領との契約で堪忍袋の緒が切れたようです。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/912-b1c22b42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。