スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETTの入札を再延期 

news.mn(2014.10.30)より

閣議でエルデネス・タワントルゴイ(以下、ETT)のマネジメントを民営化する決定を出した。
民営化を担当するプロジェクトチームを設立し、作業を進めており、
来る11月1日すなわち明後日に同社を民営化して購入する企業が明らかになるはずだった。

しかし、この作業は再度1ヶ月延期され、12月1日になった。
入札に参加する権利を、以前の入札で残っていた米国、中国、日本、韓国の
コンソーシアムに与え、モンゴル企業にも参加させる方針を掲げていたが、
石炭価格、政治的状況を理由に、ETTの民営化入札に参加する興味は企業の間で少ないようだ。

その訳は、11月1日より前に入札に応じる企業は書類を政府に提出するべきだったが、
書類を提出した企業の数は少なかったらしい。
そのため、このように入札を再度1ヶ月延期することになった。

ETTの経営を民営化する主な目的は、高い技術、優れたマネジメント、
資金力のある国内外の企業に契約で請負わせ、鉱山を経済循環に組み込むことにある。

同社は財務的に困難な状態にあり、Su.バトボルド政権時代に中国のチャルコから
借り入れた3.5億ドルの残債である1.1億ドルが少なからず投資家に二の足を踏ませている。

O.サル記者

原文はこちら



訳:プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/918-3f358b75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。