スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オユトルゴイの埋蔵量を改定 

news.mnより(2014.10.29)

オユトルゴイの埋蔵量を改定したことについて鉱物資源庁が発表した。
資源専門委員会の今月の会議でオユトルゴイの埋蔵量の改定のレポートを論議した。
そして、同社の2009年度の埋蔵量を改めて算定し、4,459万5,000トンの銅、
1,900トンの銀、1万1,900トンの金、20万5,000トンのモリブデンと改定した。

ちなみに、2010年3月31日に、オユトルゴイの埋蔵量を、利益が出る埋蔵量と
ある条件の下では利益が出る埋蔵量の2種類に分類した。
利益が出る埋蔵量は、26億トンの鉱石、2,530万トンの銅、1,028トンの金、
8万1,600トンのモリブデン、6,145トンの銀の埋蔵量があることを認定していた。
ある条件の下で利益が出る埋蔵量に関しては、37億トンの鉱石、1,960万トンの銅、
810トンの金、7万5,500トンのモリブデン、5,905トンの銀の埋蔵量が認定されていた。

U.ボロル記者
原文はこちら

訳:セレンゲ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/919-03172cc3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。