スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オユトルゴイ銅精鉱を日本の市場に 

gogo.mnより(2014.12.23)

日本の大手銅地金生産で国内第3位である三菱マテリアル
オユトルゴイと長期製品供給契約を結ぶ予定だと
ブルームバーグが報道している。

三菱マテリアル三井物産と共同で、5,000トンの銅精鉱を
試験的に輸入する契約をオユトルゴイと締結したことについて、
三菱マテリアルの井上達也原料部長が明らかにした。
三井物産が輸送・物流を担当するという。

三菱マテリアルは年間、100万トンの銅精鉱を輸入し、
その70%は南米に依存している。
このことについて井上部長は
「われわれは供給源を多様化したい」
と述べたとロイターが伝えた。

世界最大級とされるオユトルゴイ鉱山は来年、19万5,000トンの
銅精鉱の生産を予定していることも同ウェブサイトに記載されている。
オユトルゴイの製品を鉄道でロシアのウラジオストク港まで輸送し、
日本へ海上輸送すると計画している。

具体的には、四国の香川県にある三菱マテリアルの工場へ輸送し、
到着までは30日かかる。
一方、南米からの輸送は30-40日かかる。
オユトルゴイの銅精鉱の供給先が中国だけでなく、
もう一つのアジアの巨大市場にも供給できるようになる。
上記の長期契約は来年の年初に締結する予定である。

Ts.ボロルマー記者
出展:ウヌードゥル新聞

原文はこちら

訳:セレンゲ



年末のもう1つの大きなニュースでした。

おそらくウヌードゥル紙が元にした記事はこちらかと思います。
それによると、すでに12月に5,000トンの試験輸送は成功しているとのこと。

中国ではなく、ロシア経由で運ぶことはこれまでも机上のプランとしては
ありましたが、これを実際に可能にした三井物産さんの実行力がすばらしいですね。

また、三菱マテリアルさんの工場がある香川県は私の生まれ故郷なので、
モンゴルでふるさとの名前が聞けるとこれまたうれしかったりします。
(プージェー藤井)

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/930-7b81c732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。