スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済恩赦法の審議を再開 

news.mnより(2015.01.13)

昨日、閣議において経済恩赦法案を審議し、国会に上程すると決定した。
先週、閣議では経済の透明性を支援する法案に賛成した。
同法案に関連して経済恩赦法が提出された。
以前、免税、脱税等は税恩赦法により解決していたが、今回は不動産、
企業未登録などの多方面の経済分野において恩赦を与えることにした。

同法の基本的な内容は規定した期間内、故意または過失により
違法行為を行なった場合、自発的に申告すれば1回に限り刑事責任及び
行政責任、刑罰を免除するという。

これによって良好な統治が整い、今後は法に従って地下経済
縮小することができると見ている。
同法は経済の透明性を支援する法案と同時に近日中に国会に上程される。
国会が上記の2法を承認すれば経済が大きく進歩すると期待されている。

S.オトゴン記者

訳:セレンゲ
原文はこちら



モンゴルの地下経済は8兆トゥグルク(国家予算の1.6倍)という
国会議員もいました。

税収がなくて困っている昨今、恩赦すると税収は増えないのですが
地下経済をオモテに出すことでGDPに組み入れることができ、
そうすると今国会でもめている外債の対GDP比問題の出口が見える・・・
というのが政府の狙いではないでしょうか。

一方で、記事中にもあるように、以前にも脱税を恩赦したことがあり、
脱税する人、地下経済はいつまでも後を絶たないという専門家もいます。

プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/933-62b857c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。