スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年度補正予算が成立 

news.mnより(2015.01.26)

モンゴル政府は2015年度予算の歳入・歳出をそれぞれ9,060億トゥグルク削減する
修正案を国会に上程したが、国会はこれまでの(無駄遣い)体質から脱却できなかった。

2015年度の国の統一予算の総歳入は6兆6,326億トゥグルク(GDPの27.6%)、
統一予算の総歳出は7兆8,374億トゥグルク(GDPの32.7%)となった。
統一予算の赤字は1兆2,048億トゥグルク(GDPの5%)であする。
下記に国民生活に関係する項目を紹介する。

給与・年金を増額

政府は今年度給与・年金を増額せずに補正予算案を提出したが、
政労使協議や国会の各党会派が出した提案により1,030億トゥグルク増額した。
公務員給与の増額に900億トゥグルク、年金・手当てに130億トゥグルクを充てるとのこと。
一方、何月にどの分野の給与を増額するかについては、
労働省、雇用者組合、労働者組合が協議して決定する。
高齢者にとっては旧正月が近づき、年金・手当てが増額されるか気になるところだ。

子供手当て・多産母手当てを平等に支給

子供手当てを本当に必要とすべき人だけに支給するという政府の提案は却下された。
国会も、世論も、
「経済危機だからといって金持ちの子供と貧乏人の子供を区別するのは時期尚早だ」
と言って、0-16歳の全ての子供に毎月2万トゥグルクを引き続き支給することになった。
本来なら、国会が政府案を承認していれば、16億トゥグルクを節約し、その資金で
学校・保育所を建設する公共投資の財源とすることができていたが、このような結果になった。

子供が18歳に達すると、多産母勲章を持つ母親に年1回支給される手当を
廃止しようとの首相提案も却下され、194億トゥグルクを予算に追加した。
また働く母親が出産した場合、社会保険基金から毎月支給される妊婦手当、
育児手当も削減しないことになった。こうして、91億トゥグルクを予算に追加した。

副大臣を留任

国会で2015年度国家予算の補正予算の第2回審議を行なう際、
S.ガンバートル議員(無所属)の「副大臣を解任しよう」との提案が
(一部の議員の)賛同を得たが、国会は提案を却下した。
大蔵大臣の説明によると、副大臣の年間費用は3,470万トゥグルクで、
17人の副大臣を解任すれば年間の費用は5億9,000万トゥグルクの節約となり、
補佐官、運転手などを含めるとさらに大きな節約になるはずだったが、
政党間の合意により変更され、予算の負担はそのまま残った。

1,600人の公務員を削減

支出を削減する目的で、政府は業務が重複する庁を統合し、
または民間に移管し、独立採算制に移行するなどの対策を行なうよう提案し、
国会は承認した。これにより今年1,600人の公務員が解雇される。

国会議員は出費を5%削減

国会で国家予算を審議する際に、議員は
「議員給与を30%減らしてもかまわない。国民の税負担を増やしたくない」
という立場を表明し、国会の人民党会派は車両手当を返上すると
大げさに発表していたが、これらは補正予算には反映されなかった。
本来なら人民党の26名が車両手当を返上すれば5億トゥグルク以上の
削減ができていた。
この提案を他の政党が了承しなかったのか、
それともただのパフォーマンスだったのか。
国家予算の経常支出を削減するため、国会議員の事務費、車両費、通信費、
印刷費、国内交通費、選挙区活動費、来客接待費、広告費および公約実行費用を
5%削減する。
これにより上記の費用は4億6,720万トゥグルクだけ削減される。

燃料税を増額

国内外の出張費を5%だけ削減して国民の目を欺いた議員たちは、
歳入を増やすためにガソリン・軽油の特別税を2,280億トゥグルク
増額することを決定した。
これに対し人民党の作業部会のB.ツォグトゲレル議員が反対し、
「燃料価格が下がらなくなる」とツイッターに投稿し、
予算委員会の委員を非難していた。また個人所得税収入を
73億トゥグルク増額することになった。

2015年度補正予算と同時に、資産税法、都民税法、特別税法の
各改正案を提出した。
これらはまだ国会で承認されていない。

資産税については自動車税を3倍に増額することを国会の民主党会派が拒否した。
上記決定の結果、燃費の良い、環境に優しいハイブリッド車は
従来どおり課税されることになった。
一方、排気量の大きな車種は増税される。

特別税改正法案に酒税、タバコ税の税率を引き下げることが
記載されていることに無所属議員が反対し、
酒、タバコの製造者、輸入者のロビー活動に影響されている
と発表している。

G.ダリ記者
原文はこちら

訳:プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/938-6904cb47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。