スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本・モンゴルビジネスミーティングが開催された 

すでに日本でも報道されていますが、サイハンビレグ首相が訪日し、
日モビジネスミーティングに出席、安倍首相と会談、EPAに署名しました。

日モビジネスミーティングについてのモンゴル側の報道を
ご紹介します。
会場の熱気が元記事の写真から伝わってきますので
ぜひご覧ください。
(プージェー藤井)



news.mnより(2015.02.10)

日本製品を海外に紹介する、日本の消費者に必要な輸入品を検討する、
またフェアを通じてそれらを宣伝する、ビジネス代表者を歓迎するなどの
活動を行う日本貿易振興機構(ジェトロ)が駐日モンゴル大使館と共同で
ビジネスミーティングを開催した。

同イベントには150人が申し込み、当日には200人以上が参加したのは、
両国関係の親密さを表していると多くの人が評価している。

日本を実務訪問中のサイハンビレグ首相が同イベントに参加し、
日本の経営者と面会できる機会を設けた開催者及びモンゴルへの
投資に興味を抱いている参加者に謝意と彼らを支援したいとの意向を表明した。

モンゴル政府は政治とビジネスの安定性を維持するため努力している。
日本とのEPAの署名を本日行う。同協定により両国の経営者にとって
いい機会となる。
ビジネスと投資を増加させる法的環境を改善するため
モンゴル政府が取り組んでいる」
と述べた。

モンゴルの鉱山、発電所、鉄道建設、鉄や銅の製錬所、高速道路、
地下鉄などの建設に関する主要なプロジェクトは新たな投資を期待している。
ハイレベルの公式訪問が定期的になり、両国の政治的関係が発展している。
国民同士の交流も高い水準で発展している。
この関係を経済と貿易においても使用する時が訪れた」
サイハンビレグ首相が述べた。

ミーティングの際、ジグジッド鉱業大臣、モンゴル銀行のゾルジャルガル総裁、
チョローンバト首相顧問らが講演を行い、質疑応答が行われた。

また、ジェトロの石毛理事長がサイハンビレグ首相と会談を行った。
会談中、サイハンビレグ首相は、ジェトロの駐在員事務所をモンゴルに設立し、
協力をより一層強化することを期待していると述べた。

ジェトロの本部は東京都と大阪市にあり、国内に40ヶ所の支部、
国外は55ヶ国において73ヶ所の駐在員事務所があり、
1,500人の職員がいると内閣広報室が報道した。

原文と写真はこちら 
訳:セレンゲ


この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/954-f096a3a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。