スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳入不足を補填する目的で短期国債を発行 

News.mnより(2015.02.26)

J.バトソーリ経済委員長に下記の事項についてインタビューした。

-経済危機対策国会決議案の枠内で、債権を発行することになっていますが、
どういう目的で発行するのでしょうか?


-冬は、鉱業が停滞状態になる。
それにつれて歳入が少なくなるため、政府は短期国債を発行することで
歳入不足を補填するべきだ。
経済危機を乗り越えるために政府はIMF(国際通貨基金)、
世界銀行と協力する。そのため専門家を招へいして調査してもらい、
どうようなプロジェクトを実施するかに関して政府が注意を払っている。

-開発銀行から融資した財政の歳出を監査する目的で、
経済委員会が作業部会を設立しました。
作業部会の監査結果は今月中に発表する予定だったのに延期されています。
どんな理由で延期しているのでしょうか?


-チンギス国債、サムライ債の資金の使途を監査する目的で
国会の経済委員会と予算委員会が共同で作業部会を設立した。
この作業部会には大蔵省や監査機関などの専門家も委員として参加している。
広範囲な資料を監査する必要があるゆえ、短期間で判定結果を
出すことは難しい。
本作業部会がこのことに関して作業をしていると捕らえてほしい。

-鉱物資源法を改正する枠内で、権益保有者が国の持分を買取る場合、
ある種類の税金を支払うことは、特定の鉱山にかかわる調整ですか。
また、同法はオユトルゴイタワントルゴイなどの鉱山に関係しますか?


-同法は、戦略的鉱山に適用する。
しかし、オユトルゴイタワントルゴイにも遡及して適用するというわけではない。
今後の戦略的鉱山にだけ適用する。
以前、戦略的鉱山の権益の一定の部分を国が直接所有していたが、
同法の適用範囲で権益保有者にとってはより選択肢が多くなっていると考えていい。
国有の持分を権益保有者が譲渡してもらう場合、逓増するロイヤリティー税
を支払うことになるという調整だ。

記者:G.ナラン
原文はこちら

訳:セレンゲ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/967-e5840944

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。