スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務管理法により債務を管理 

news.mnより(2015.02.26)

国会が債務管理法を承認したことによって、債務の調達から
完済までのすべての問題を管理できるようになっている。

すなわち、国の対外債務には国、地方自治体、モンゴル銀行、
各企業の債務を含める一方、政府債務には
政府の国内外の債務及び地方自治体の借入、
契約で返済義務を負う政府間の契約債務を含むと記載されている。

国会が予算安定化法を改正する時、国の対外債務を
GDPの58.3%以下とするように定めた。
債務管理法を承認する際、上記の限度を守るよう定めたのである。
また、1兆3,000億トゥグルグの開発借入の余裕も含んでいる。
これは、政府債務に国有会社の債務を含まなくなった故にできた余裕だという。

政府は下記の目的で起債する権利がある:
1. 予算赤字を補填
2. 季節的要因による歳入不足を補填
3. 国内の政府債券の市場を支援
4. 債務の再融資(借り換え)
5. 国の公共投資事業の融資
6. 国際収支を支援する目的で、モンゴル銀行の正味外貨準備高を増加させる

政府債務及び政府保証は、予算安定化法に定めた条件と関係づけられねばならない。
つまり、今年は国債がGDPの58.3%に相当すると定めた。
その限度に応じて、予算安定化法によって管理されるよう調整したのである。

政府債務は国会が承認

政府が借入する、債務保証を発行することに関して、
国会において審議する一方、国有会社の借入は国有企業、
地方所有企業の借入に関する各問題は県議会、
郡議会において審議させると定めた。

もし、国有会社が期限内に返済できなくなった場合、
それが国の債務残高とされる。

現在、政府保証を発行してもらい国有会社が借入した
債務総額は2兆8,000億トゥグルグである。
この額は、GDP の12%に相当している。

政府の債務保証基金を設立
債務管理法第9.1.13に、政府の債務保証基金を設立すると
規定している。これは、危険予防基金である。

また、政府債務の残高を各四半期ごとに、
中期債務見通しを計算する。
国の対外債務残高を四半期ごとに計算する際、
大蔵省及びモンゴル銀行と協力すると定めており、
その実施を会計監査院が監査する。

国家統計局は国の総債務、政府債務、政府保証に関して
四半期毎、毎年報告し、報告する義務を負う。

G.ダリ記者
原文はこちら

訳:セレンゲ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/968-617c981e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。