スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長と市商工会議所が開発協力声明書に署名 

gogo.mnより(2015.04.16)

ウランバートル投資2015」フォーラムの際に、
開発協力声明書の署名式が行われた。
バトウール市長とウランバートル商工会議所のオド会頭らが署名した。

開発協力声明書の内容は下記の通りである:
モンゴルの社会・経済・ビジネスの中心であるウランバートル市は、
近年急速に発展しているが、人口集中、大気汚染、環境汚染、
住宅、公共交通機関、インフラの不足、
交通渋滞など多数の問題が未解決である。

だが、これらは政府、市役所の予算だけでは解決不可能であることを、
過去が証明している。
市の複雑な問題を乗り越えて進展するには、
市民や国内企業の積極的な参加が重要であり、
更なる発展のために今こそ我々が手を組む時だ。

これに基づき、首都圏の全役所を代表してバトウール市長、
首都圏の経営者、製造者、納税者を代表して
ウランバートル商工会議所のオド会頭が
ウランバートル市開発協力声明書に署名し、
共通の立場を下記の目的、方針で表している:

1. 目的
政府、民間企業の協力に基づきウランバートル市を
ビジネス、投資に快適な環境が整った、安全で衛生的な
生活条件が満たされ、自然環境にやさしい、
地域のビジネス、金融と観光の中心となった
スマートな、親切な、無汚職な首都にすることを目的とする。

2. 協力方針
•ウランバートル市2020年までの開発マスタープラン
および2030年までの開発方針に沿って
マスタープランを官民協力の手法により実施し、
これに関して民間からの提案、活動をできるだけ支援する

•ウランバートル市をビジネス、投資の快適な環境の整った、
製造者、投資家、経営者の法的権利を保護した地域にする

•首都の開発計画、公共投資、購買に関する情報、事業を公開し、
無汚職な環境を作る

•行政サービスを電子化し、質や普及を向上させ、
政府の役割の一部を契約に基き、民間企業、専門委員会、
NGOに実施させる制度を具体化する

•「親切なウランバートル」計画を実施し、
ウランバートル市を地域の観光の中心にすることを
目指す計画とプロジェクトを共同で実施する

•「スマート・ウランバートル」計画の実施により、
あらゆる情報が自由に伝達され、時間を節約した
最新技術に基づいた都市運営の制度を設け、
関連する各決定に民間企業の参加を承認する

•ウランバートル市グリーン開発政策を制定し、
水源、エネルギー、燃料を節約した自然環境に優しい
工業を優先的に実施する

•首都の街路、広場、像、記念碑、学校及び病院の
施設の建設事業に貢献し、社会的責任を果たした
市民・法人を顕彰する

•ウランバートル市民が生まれた街で、健康・安全に暮らし、
働き、満足で豊かな生活環境を整えるため努力する

同声明書及び我々がこれから実行する事業に関して、
全国民、各企業、行政及び非行政機関の皆様の
ご協力とご支援をいただくようお願い申し上げます。

ウランバートル市長  エルデネ・バトウール
ウランバートル商工会議所会頭  ジャンバルジャムツ・オド

原文はこちら

セレンゲ訳
この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/983-39cd36a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。