スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東部方面の鉄道建設は日本と協力する 

Mongolnews.mnより(2015.05.26)

民主党国会議員グループの昨日の会合ではエンフボルド国会議長と
サイハンビレグ首相から報告があった。

議長は去る日曜日にフシギーンフンディーの新国際空港建設工事を視察した。
そして議長は同会合でフシギーンフンディーにカジノと経済特区を作ることを提案した。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ経済特区の顧客の6割を中国人が占めているそうだ。
フシギーンフンディーにカジノと経済特区を設置すれば大勢の中国人に
利用されると予測しているという。
中国からドバイまで飛行機で7時間かかるが、モンゴルへは1時間強で飛べる。
世界には経済特区の設立に成功した企業が少ないが、成功した企業の一つを選び、
協力することについて話し合った。

サイハンビレグ首相はUAEを訪問した際、10億USD規模の基金を設立する覚書に署名した。
また、100万頭の食肉を輸出することに合意したことを話した。
UAEはアラブ式に屠殺・処理された食肉を購入する意向を表明している。
同国に食肉を輸出する場合、アラブ式食肉処理ができる工場を作る必要があるという。

また、同グループ会合では韓国と自由貿易協定を結ぶ仕事をスタートさせる意見が出された。
グループのメンバーがこの意見に賛同し、具体化することを奨励した。
民主党国会議員のグループは失業、都市開発、地域発展に関する課題を解決するため、
3つの作業部会を発足させた。
失業作業部会はバトザンダン議員がリードすることになった。
彼は、
「失業問題解決のためにメガプロジェクトを動かすことを重視する。
サインシャンド工業パークに鋼製錬所を作る。
またタワントルゴイからチョイバルサンまで鉄道を引く仕事を始める。
大統領が日本を訪問した際、東部方面の鉄道建設に必要な資金・投資問題を解決した。
当プロジェクトは合弁会社を設立して、開発を進めることになった。
もうすぐ新ヤールマグ団地建設、皮革加工工場パーク設立のプロジェクトをスタートさせる。」
と述べた。

作業部会は今週にシンヤールマグプロジェクトの進捗、農産物直売所を視察するという。
同グループ長のガラムガイバータル氏は
「わがグループは重工業、都市開発、地域発展について
3つの政策書を作成する必要がある」
と述べた。

T.エンフバト記者
原文はこちら

訳:テムーレイ




「大統領が日本を訪問した際、東部方面の鉄道建設に必要な資金・投資問題を解決した。 」
という話は大統領府のホームページには出ていません。
日本側でも報道されていないようですし、今のところ裏づけの無い情報です。
(プージェー)

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/992-e3d95fd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。